製品情報修理・生産終了等の情報加温器について会社概要お問い合せ
製品情報 AM-301 AM-5 LT-1
 


※販売・問合せ先 :
 小川医理器株式会社

LT-1は熱を経管・経腸栄養剤セットに供給し輸液、血液を自動的に温める乾式電気経管・経腸栄養剤加温器です。チューブは熱板にある‘S’字型の溝にはめます。このモデルは2つのサイズ4mm(外径3.1~4.0mm)と直径5mm(外径4.1~5.0mm)チューブ用があります。

温度範囲:
32~41度※
流 量:
0~7ml/分
安全性:
熱板センサー、液温センサー、ヒーターセンサー、温度ヒューズの使用、防滴構造、乾式加温
サイズ・重量: 176(L)×65(W)×37(H)mm / 560g
※加温前の液温、室温、流量、チューブサイズにより温度が異なります。
※0ml/分は液流停止状態を示します。
  1. 粉末の栄養剤を溶け易くする。
  2. 自動温度制御
    出口液温を感知し、熱板の温度を自動的に調整します。
  3. 専用ディスポ不要
    専用バックやコイルがいらない為、経済的です。
  4. 熱のロスが少ない
    患者と本体の間の距離を短くすることができる為、加温された液が冷えにくい。
  5. 早い取り付け・簡単操作
    チューブを直接本体に取り付けます。
    本体前面のスイッチを押すだけで加温を「開始」「停止」。
  6. 早い加温
    電源を入れてから2~3分で加温できます。
  7. 安全構造
    上記の構造により過熱、感電、汚染防止します。
  8. 高い耐久性
    シンプルな構造で壊れにくい。
本体出口から2.5cmの位置での液の温度を基本としています。
基本加温性能曲線は、リフォートの基本的な加温特性を示したもので、加温後の温度の目安です。
周囲温度・注入液温・本体と患者との間の距離などの要因により、実際に患者に届くときの液温は、基本加温性能曲線とは異なります。
使用するチューブの外径が細い場合、加温後の液温は、若干低めになります。
日本国内専用